CRMシステムなら顧客管理が更に楽になる|営業マンの味方となる

女性

名刺のデータ化と営業管理

名刺

企業人にとって名刺は人脈作りに欠かせない小道具ですが、膨大な名刺をどう管理していくかが問題です。名刺をデータ化する手法には効率重視のOCRソフトや正確性重視の手入力の他、入力代行サービスの利用が挙げられます。名刺管理機能を備えた営業支援ツールを導入すれば、名刺データを営業活動に幅広く応用できます。

この記事を読む

顧客管理をIT化する効果

男性

顧客情報を一括管理できる

企業における営業力を上げるために効果的なのがCRMシステムの導入です。顧客管理システムをIT化することによって、必要な顧客情報を共有することができます。これまでは営業マンが個別に名刺管理をしたり表計算ソフトでデータ管理をしていましたが、CRMシステムを導入することで戦略的な営業活動ができます。CRMシステムを導入する場合、多くの企業が情報システム部門が主導します。しかし主体となるのは営業部門です。情報システム部門が主導すると、高機能なシステムを導入する傾向があります。あまり高機能だと現場の営業マンにとって使いにくくなる恐れがあります。例えば入力が面倒だったり、使いこなせないなどの不安が出てきます。それを防ぐにはオーベースペックを避けて、現場の営業マンが簡単に使いこなせるCRMを導入する必要があります。

顧客側にとってのメリット

CRMシステムを導入するとシングルインプットとマルチアウトプットが可能になります。顧客データを簡単に入力できて、データを活用する時にはプリントアウトやタブレットや表計算ソフトなど多くの媒体に出力できます。それによって顧客データの活用の幅を広げることができます。営業戦略を立てる場合にも効率的に顧客に情報発信ができるので、顧客満足度を上げることができます。また保守管理やメンテナンスがしっかりサポートされるので、顧客情報のセキュリティも万全です。企業側だけでなく顧客側にとってもCRMはメリットがあります。営業担当者が変更になっても同じ情報を引き継ぐことができるので、不安を解消できます。営業マンに相談する場合にも、すぐに顧客情報を取り出せるのでスピーディに対応してもらえます。

事務や雑務を行うなら

IT

総務の仕事をアウトソーシングすることは、企業で一般的に行われています。総務がない会社もあり、仕事がある時にその都度他の部署が担当していることもあります。アウトソーシングにすれば人員を割く必要がなく、コストも減ります。

この記事を読む

営業案件の管理術

ウーマン

どの企業でも何らかの営業活動を行っており、その案件情報を社内で共有することが必要になります。CRMとも呼ばれる顧客関係管理システムや、SFAと呼ばれる営業支援システムを活用することで案件管理が効率化できます。それらのシステムで案件を一元管理することにより、営業に関する情報が社内共有化されるのです。

この記事を読む