名刺のデータ化と営業管理|CRMシステムなら顧客管理が更に楽になる|営業マンの味方となる

CRMシステムなら顧客管理が更に楽になる|営業マンの味方となる

男女

名刺のデータ化と営業管理

名刺

効率重視か正確性重視か

企業の第一線で働くビジネスマンにとって、名刺は人脈を形成するのに欠かせない重要な小道具の1つです。名刺交換の場で得た顧客の名刺は、営業活動を積み重ねるごとに数多く蓄積されていきます。それらの膨大な名刺に記載された顧客情報はデータベース化され、メール配信など多くの営業活動に生かされるのです。名刺を徹底的に活用するためにも、まずはその名刺に印刷された情報をデジタルデータに変換しなければなりません。そのための方法としてはOCRソフトを使う方法や、データを手入力する方法などが考えられます。OCRソフトを使うケースでは名刺をスキャナや写真撮影によって画像データとして取り込み、自動認識の上で機械的に文字情報として変換されます。OCRは最も効率的な方法ですが、しばしば誤認識が発生するため人の目でチェックする作業も欠かせません。より正確性を重視するなら手作業で名刺データを表計算ソフトなどに入力する方法もありますが、それだけ手間もかかってしまいます。スマートフォン等で撮影した名刺画像をクラウド経由で送信しオペレーターに入力を代行してもらうサービスは、効率性と正確性を兼ね備えた名刺管理の新しい手法です。

営業支援ツールとして活用

単なる名刺管理だけが目的なら無料アプリも存在しますが、名刺情報をデータ化するだけでは十分に活用できないことも多いものです。より高機能な営業支援ツールの中には名刺管理機能を備えた製品もありますので、そうしたツールを導入することで名刺情報を徹底活用できます。例えば名刺入力を自動化する営業支援ツールを導入した場合、名刺データはそのまま住所録や電話帳といったデータベースへとエクスポートできます。顧客データベースを使ったメールの一斉配信や、営業活動に役立つ地図ルート確認・路線検索といったさまざまな用途にも営業支援ツールは応用可能です。名刺管理機能と営業支援機能が統合されることにより、社内で共有される顧客情報を基にした営業戦略も立てやすくなります。以上のように名刺管理の在り方も近年ではIT技術を駆使して大きく様変わりしており、スマートフォンとの連携機能も強化されています。CRMやSFAといった顧客関係管理・営業支援システムとも緊密に連携できる機能が名刺にも求められているのです。名刺管理機能を備えた営業支援システムは幅広い応用範囲を発揮することから、起業後の営業人脈作りにも多く活用されているのです。